「東大卒なのになんでダンスのプロなんかになっちゃったの?(仮)」vol.2

ダンサーデビュー(ただしヒップホップで)
 こうして社交ダンスとの運命の出会いを全く意識せずに通り過ぎた僕はその後順調にゲーム・アニメなど社交ダンスとは全く縁のないオタク趣味に血道を挙げることになる。
このまま行けば末はニートか廃人か、気が付けばそんな未来がうっすら透けて見える高校生になっていた。
そんな風にダンスから、というか普通の人から相当遠い存在になっていた頃、再びダンスと縁ができることになった。
しかも今度は見る側でなく踊る側として。
 
 高校入学後の僕の状況だが、友人はオタク趣味のある奴かクラスの誰とでも分け隔てなく話す優等生タイプぐらいしかいなかった。
体育の教育実習に来た先生に「運動嫌いなんですよね」と質問だかいちゃもんだかよくわからない発言をしてクラスメートに鼻つまみ者扱いされたりして、着々と「変な人」ポジションを不動のものとしつつあった。
当然「みんなでがんばろう」みたいなノリとも全く無縁だった。
そんな中、文化祭で僕のクラスが演劇的な出し物をすることになった。
「勝手にやってくれ」
これがその時の僕の偽らざる文化祭およびクラスの出し物への気持ちであった。
 
 出し物の企画を作成したのはクラスのNさんという子で、ヒップホップダンスをしていてクラスの中ではちょいワル女子という感じの立ち位置。
僕とは全く接点がなく、プリントの受け渡しなど本当に事務的な用事がなければ話すことはないだろうしそもそもそんな用事は仲のいい女子がやるので本当に同じクラスということ以外何の共通点もなかった。
そんなNさんが突如僕に声をかけてきた。
「小野くん、文化祭で踊ってくれない?」と。
クラスの中で浮いた存在によくあることとして自意識が分不相応に肥大していた僕は、嫌がるそぶりを見せつつも引き受けた。
内心ではけっこう嬉しかったのだが。
 
 ヒップホップの練習は結構楽しく、当日も振りを間違えたりしたもののなんとか無事にやり通した。
Nさんがプロデュースした出し物の台本や音楽はよく練られていて、見た人からの評判も良かった。
今から考えれば、これが僕の人生におけるダンサーデビューということになる。
社交ダンスではなくヒップホップ、会場もダンスフロアではなく高校の体育館のステージだったけれど。
とにもかくにも、この経験を機にオタクの高校生は「ダンスってわりと楽しい」と気づいたのだった。
このことが大学入学後の部活動選び、ひいてはその後の僕の人生に大きな影響を与えることになるとは、僕自身はもちろんNさんだって頭の中をかすめもしなかっただろう。
彼女がなぜ僕に声をかけてくれたのかは、今もって謎である。


「東大卒なのになんでダンスのプロなんかになっちゃったの?(仮)」vol.3


競技ダンスとの再会、そして入部へ
 無事東京大学文科Ⅲ類理科Ⅲ類ではない)に合格した僕は、「東大生」という存在になれた喜びもつかの間、悩んでいた。
大学入学後に何のサークルに入るか、である。
入学決定後に大学が開く説明会では、同時に学内のサークルと部活も新入生を勧誘しようと手ぐすね引いて待ち構えている。
ピカピカの新入生である僕も大量のパンフレットとビラを手渡されていた。
内容も様々で、行政機構の研究、テニス、民族音楽、囲碁……と挙げればきりがない。
茨城から東京にノコノコ出てきたイモボーイには無限の可能性が広がっているように感じられた。
ちなみに当時は渋谷センター街に行くと不良に恐喝を受けると本気で信じており昼間でも怖くて近寄れなかった。
スクランブル交差点の人の波に「東京はなんて人が多いんだぁ」とつぶやいたことを覚えている。
 
あまりに多い選択肢だったが、僕の中ではある程度絞り込む条件ができていた。
高校のとき僕は演劇部に所属しており、高校2年の引退試合である地区予選で敗北し県大会に進めなかったことがちょっとした心残りだった。
「大学に入ったら、勝てることをやりたい」という思い。
これが第一の軸になった。
また、母からは大学に入ったら何か運動をやるように勧められていた。
僕は生後6ヶ月で一度死にかけているせいか生来体が弱く、母は体を鍛えることで少しでも丈夫になって欲しいと考えていたのだろうと思う。
いつも母には逆らってばかりいたのだが、この時はなぜか今まで縁遠かった「運動」をやってみよう、という気分になっていた。
これが第二の軸だった。
最後に「どうせやるならきちんとやりたい」というオタク気質がちょっぴり顔を出したことも付け加えておきたい。
 
この条件を兼ね備えるものは大学公認の運動会(東京大学では体育会のことをこう呼ぶ)に所属する「部活」しかない。
当時の僕はそう判断し、サークルその他はすべて切り捨てて運動部を紹介する冊子を穴があくほど熟読した。
候補に上がった「東大で勝っている部活」がアメフト、ヨット、そして競技ダンスだった。
以下は当時の僕の思考の流れである。
アメフト……どう考えても体格的に厳しい。そもそも怪我が多そうなので嫌。よって却下。
ヨット……ヨットで日焼けするのは肌が弱い自分には厳しい。海外遠征もあるだろうしお金かかりそう。よって却下。
競技ダンス……怪我も日焼けもしなさそうだし、体格的にもいけそう。お金もシューズ以外かからなそうだし、未経験者から全日本チャンピオンも出ている。これなら自分にもできそう。
 
まったく今思い出しても我ながら「それはどうなの?」と感じる微妙な動機である。
だいたい高校でヒップホップもどきを少しやったくらいで社交ダンスを踊ったこともないのに「これなら自分にもできそう」とかもう、殴り倒してやりたいぐらいである。
「ダンスなめんじゃねえ!」と説教してやりたい。
 
しかしその時の僕は「もうここしかない」と思い込んでいた。
思いの強さのあまり、上級生のふりをして新入生を勧誘していたくらいだ(先輩たちには相当うざったがられていたが、当時の僕が気付く由もなかった)。
新入生に簡単なダンスを踊ってもらう勧誘イベントでは人を乗せるのがうまい先輩たちに「上手い上手い」とおだてられ、全日本チャンピオンまで昇りつめるバラ色の未来しか想像していなかった(入部してすぐに現実を思い知ることになるが)。
 
とにかくこうして僕は競技ダンス部へ入部した。
さらに無事大学でも早々に「変な人」ポジションをがっちり確保するおまけつき。
思えばこれが今日まで続く競技ダンス人生の本格的な始まりだった。


「東大卒なのになんでダンスのプロなんかになっちゃったの?(仮)」vol.4
2017-06-26 21:43:46

始まり(そして挫折)
 こうして僕は意気揚々とダンス部に入部しチャンピオンへの道を順調に歩み始めた、はずだった。
が、やはりというかなんというか、すぐに壁にぶち当たった。
僕は子供の頃から体が弱いのもあり体育が好きではなく、その結果運動神経が全くない人間に育っていた。
体力測定でなんとか人並みなのは50メートル走と垂直飛びくらいで、それ以外の項目はなんともひどいものだった。
握力は両方とも15、6キログラムで女子並み、ボール投げは7メートル程度しか飛ばず女子以下、柔軟性に至ってはあまりに曲がらないので呆れた測定の先生が「もういい」と問答無用でマイナス記録をつけてしまったくらいだ。
こんな状態の人間が受験勉強でさらに弱った存在、ドラクエならスライム以下。
それが大学入学時の僕であった。
一言で言えば、当時の僕は部活動をできる体ではなかった。
 
水面を優雅に泳ぐ白鳥は、その実水の下で両足を動かし続けているという。
その例えで言うなら、僕は水に入った途端に沈没していく醜いアヒルの子であった。
いや、アヒルでも泳ぐことはできるのだからアヒルの子ですらなかった。
 
 初めての夏合宿は僕にとって「これまでの人生で一番体力的に辛い」というレベルを遥かに超えていた。
サイド強化という、片手と両足で体を横にした状態のまま持ち上げる姿勢を続けるトレーニングがある。
パソドブレの音楽に合わせて「とーだい!」と叫び続ける新興宗教の儀式のような中毒性があるメニューだが、何回も続くと死ぬほど辛い。
そのため一部の部員には蛇蝎のごとく忌み嫌われており、僕もそのうちの一人だった。
叫び続けると喉も潰れてきて声が出なくなるが、そんな状態になると先輩たちから「声出せぇ!!」と鬼軍曹のごとき怒号が飛んでくる。
まさに行くも地獄、戻るも地獄。
にっちもさっちもいかなくなった僕の頭の中ではドラクエ3の大ボス・ゾーマとの戦闘曲である「勇者の挑戦」がエンドレスでひたすら流れ続けていた。
もう自分をゲームの勇者にでもなぞらえないとやってられなかったのだろう。
名曲なのでぜひ一度聞いてみてください。
 
 ボロボロ状態でなんとか合宿を乗り越えると、そんな僕にもカイワレダイコンの芽のような自信が芽生えつつあった。
当時の新入部員は合宿終了後から東京大学駒場キャンパス内の剣道場や女子大の体育館で自由練習が許された。
それまでは「変な癖がつくといけない」という理由で先輩の指導を伴わない自分たちだけでの練習は制限されていたのだが、それが一応解除されたということになる。
僕は下宿先が近かったのと他にやることが全くなかったのとで毎日のように剣道場や女子大の練習場に現れており、練習量は結構自信があった。
変な人ながらも練習を通じて同期の仲間とも多少は打ち解けてきており、「9月のデビュー戦ではみんなで決勝行こうぜ」などと盛り上がったりしていた。
「これだけやっているのだから負けるわけがない」という自負は、カイワレダイコンの芽をダイコンの苗くらいには育てていた。
 
 そんな僕のデビュー戦は2次予選で終わった。
前日までみっしり練習してからヘアセットに行き、当日は決勝に行く気満々だったがあっさりと落ちた。
この試合は主に関東地区の国公立大学が出場する「国公立戦」というカテゴリーで、この試合を皮切りに秋からの試合シーズンが始まる(開催は秋なのだが一応夏国公立戦と呼ぶ)。
その年のルーキーは誰かを占う意味でも重要であり、2次落ちは僕の実力がはっきり言ってかなり低いことを意味していた。
事実その後の成績は「だいたい2次、良くても3次」の低空飛行をキープすることになる。
一方で僕の目からは大して練習していなかったように見えた同期のAがクイックステップで決勝入りし、その後も東大のエースとして活躍していた。
「どうも自分にはダンスの才能がない」とこのとき気付かされた。
気がつけば、ダイコンの苗はぺしゃんこに潰されていた。
 
それでも練習量は多かった方だと思う。
というか、それしかなかったという方が適切だった。
才能がないのだからとにかく練習量だけは負けたくない、その一念だった。
ここでいくつかの転機があった。
まず、モダン(ボールルーム)をやるかラテンをやるかの選択。
学連のダンサーは2年生になる際、基本的にどちらかに種目を絞らなければならない。
僕の同期にはリーダーが13人おりそのうちラテン選択が9人だった。
ここでラテンを選んでも、まず最後の全日本選には出られない(一つの大学につき各種目1人しか出られないため、4人が出場枠。モダンと合わせても8人しか出られない)。
それに「変な人」の僕はあんまりラテンの先輩に歓迎されていなかった(モダンの先輩にも別に歓迎されてはいなかったが)。
最後の一押しとして、モダン新人戦という今はない試合後の打ち上げでジャッジをしていたOBの先輩Hさんが乾杯のとき「この試合でシニアに上がった人はモダンの才能があります」と挨拶したことが決め手になった。
本当に些細なことで専門を決めてしまったものだが、今考えるとこの選択は正解だったと思う。
とはいえ、専門に分岐した後も真面目に練習はしていたものの成績は全く鳴かず飛ばずだった。
そしてそのまま季節は巡って秋になり、第二の転機が訪れた。
モダン新人戦という試合で学連での初優勝を飾ったのだ。
種目はタンゴだった。
実を言えばこのとき出場していたモダン専攻の選手は3人のみであとは全員ラテン専攻の学生の中での優勝、という手放しでは喜べないものだったが、初めてのトロフィーがものすごく嬉しかったことを覚えている。
規模が小さいなりに「学生チャンピオン」という称号を得たわけだ。
このへんから、潰された芽が少しずつではあるが再び伸びだしてきた感覚があった。


「東大卒なのになんでダンスのプロなんかになっちゃったの?(仮)」vol.5

そうこうしているうちに上級生が卒業していき、3年生になった。
いわゆる幹部と言われる存在である。
東大では伝統的に4年と2年、3年と1年が親子代としてペアとなり深く関わるシステムを採用している。
手取り足取り教えてくれた先輩たちがいなくなり、これまで自分たちが受けた恩を1年生相手に返していかなくてはならない。
僕は(ダンスのやりすぎで)留年して時間的余裕があったため、モダン技術部長という練習会を仕切る役割を担当することになった。
練習メニューを考案し、1年生が少しでも効率的に上達できるように知恵を絞るのはかなり大変だった。
自分で言うのもなんだが、東大生は全般的に理屈っぽく自分が納得しない・理解できないことに対しては食い下がってくる人間が多い。
ダンスは素人でも頭脳は手強い後輩たち相手にわかってもらえるように、手を替え品を替えいろいろな説明を考える必要があった。
物事に無駄なことは一つもないというが、この経験は現在ダンスの先生をやる上でとても役に立っている。
 
 3年生になってから、多少ではあるが成績は上向いてきた。
特に1年生のときに2次予選落ちした夏国公立戦で初めて決勝に入れたことは嬉しかった。
子学年のデビュー戦でもあり、モダン技術部長としてのメンツを保てたことにホッとしていたら一年生の女の子に「DOさん(Daisuke Onoなのでこう呼ばれていた。決してDame Otokoではない)がこんなにかっこいいと思いませんでした」と言われたことを今でも覚えている。
彼女はそれまでどんな目で僕を見ていたんだろうか?


「東大卒なのになんでダンスのプロなんかになっちゃったの?(仮)」vol.6

卒部(卒業ではない) 
 ダンス部4年(大学は3年)になって本郷に進学したことに合わせて池袋に引っ越した。
 当時通っていたダンススクールには学割がなく、ダンスにお金を回したくて下宿先は風呂なしトイレ共同、その代わり家賃は3万円以下の格安物件を学生課で見つけて契約した。
浮いたお金を使って東京都北区十条(赤羽ではない)の競技ダンス愛好家が集う練習場に通う日々が続いた。
練習場にはシャワーがあり、家に風呂がなくてもそこで浴びれば良いというびんぼっちゃまも裸足で逃げ出すせこい計算もあった。
この頃になるとダンスは完全に自分の生活の一部となっており、「踊らないとなんか落ち着かない」レベルになっていた。
パートナーとの仲が良好でなかったため、一人で来て一人で踊って一人で帰ることもよくあった。
あまりに入り浸っていたため、そのうち「シャDOの神」というあだ名がついた(一人での練習をシャドーという)。
ここまでくると半ば病気であった。
 
 5月に迎えた春の六大学戦で、僕は学生競技ダンス人生のピークを迎えた。
ワルツで優勝、クイックステップでも準優勝できた。
大きな大会で優勝できたのも、Aに勝てたのも初めてのことだった。
さらにジャッジだった天野博文先生に決勝で1位を頂いており、これは本当に嬉しかった。
「自分でもやればできる」と、心からそう思った。
この時自分の写真が載ったダンス雑誌は今でも実家に大切に保管してある。
このときの自分はもみあげがルパン三世並みに長い。
ひょっとして天野先生はこのもみあげに1位をくれたのではないか?とか考えてしまうくらい長かった。
続く東部日本選手権でもワルツこそ決勝を逃したものの、スローフォックストロットで決勝入りを果たした。
僕は自他共に認めるトップ選手の一人になっていた。
そうして挑んだ夏の全日本戦で、僕は2次予選で落ちた。
 
前期で優勝していた分、このダメージはクロスカウンターのように効いた。
ここから僕の調子は下り坂をゴロンゴロン音を立てて転げ落ちていくことになる。
それはおむすびころりんも真っ青のひとりローリングストーンであった。
秋の六大学戦では東大の後輩にワルツ・スローフォックストロットとも負けて2位と3位。
秋の東部戦では2種目とも決勝に入れず、順位もちょうど春から1位ずつ下がるというおまけ付き。
そして引退試合である冬の全日本戦を迎えた(全日本戦は夏と冬に二回ある)。
僕は最後の種目に(やめときゃいいのに)もっとも強豪の集まるワルツを選んだ。
1年生で初めて冬全日本を見た時から、ワルツで決勝を踊れたらカッコいいと思っていたアホであった。
 
確かに冬全日本戦の熱気は人を狂わせる。
プロになった今でも、正直言ってあれ以上のものを味わったことはない。
学生競技ダンスをできるのは、たった4年間しかない。
その大学時代がフロア上で1分そこそこに濃縮されて流れ去っていく。
落ちた人間は泣く、上がった奴は叫ぶ。
そこかしこで。
それがこれまで見てきた僕にとっての冬全日本戦だった。
多少アホになるのも勘弁していただきたいところだ。
 
さて、無事1次予選を通過して2次予選を踊り終えた僕が待っていると、採点係りが準決勝に進める番号を紙に書き始めた。
僕の番号は356番。
40、144と書かれていき、253、274、次が381。
356は書かれなかった。
採点係はそのままm行ってしまった。
「書き漏れとか間違いとか、そういうのはないのか?」と思ったが、やっぱりそういうのはなかった。
引退試合はあっさりと終わった。
 
しかしこの結末は今思えば予想通りではあった。
「奇跡の逆転ファイター」がいないわけではないが、東部日本で決勝入りできない選手がそもそも冬の全日本戦で決勝に入れるわけもない。
エヴァンゲリオンの某キャラクター風に言えば「あんたバカァ?」である。
しかしこの時の僕の主観は「ものすごくレベルの高い肩透かしを食らった」だった。
何を言ってるのかさっぱりわからないと思うが、当時の僕にも何が起こったのかさっぱりわからなかったのだ。
そして僕は自分の学生競技ダンス人生が終わったという自覚のないまま、東大競技ダンス部を卒部した(卒業ではない)。